内臓脂肪が溜まると…どうなる?

こんにちは山口歩です。
以前にメタボリック・シンドロームのお話をさせて頂きました。
その中で内臓脂肪型肥満とう言葉が出てきたと思います。

 

ダイエットでも内臓脂肪、内臓脂肪と言われますが、
内臓脂肪が溜まりすぎるとなぜ危険なのでしょうか?

 

 

脂肪細胞の役割

脂肪細胞は、過剰なエネルギーの貯蔵庫としての役割があります。
その他、様々な生理活性物質を分泌する、
「内分泌細胞」としての役割を持ちます。

 

この生理活性物質を総称して「アディポサイトカイン」と言います。

アディポサイトカインには以下の2つがあります。

 

善玉アディポサイトカイン(アディポネクチン)

→アディポネクチン…インシュリン感受性の亢進
動脈硬化抑制
心筋肥大抑制

 

悪玉アディポサイトカイン(PAI-1、TNF-αなど)

→PAI-1…血液を固まりやすくさせ血栓をつくりやすくする
TNF-α…血糖値を上げ糖尿病の危険を高める

 

体が正常な状態だと、善玉・悪玉アディポサイトカインの
分泌はバランスよく保たれます。

 

内臓脂肪が蓄積してくると、
善玉アディポサイトカインの分泌量が減り、
悪玉アディポサイトカインが過剰に分泌される

 

内臓脂肪が少なくアディポネクチンが多量に分泌されると、
血管の炎症を抑えてコレステロールが溜まるのを防ぎ、
血管を滑らかに整え動脈硬化を防ぎます。

 

内臓脂肪が多すぎると、
悪玉タンパク質TNF-αが分泌され、善玉の分泌が抑制されます。
血糖値が上がり、動脈硬化が進み、
また、PAI-1血管の中に血栓を作り出します。

 

そうなると以下のことに!

・糖尿病になりやすくなる
・血圧が上がりやすくなる
・高脂血症、血管病を起こしやすくなる

 

動脈硬化はある程度進まないと症状として出にくいので、
突然発症することが多いですようです。

 

メタボリックシンドロームの段階をそのまま放置しておくと、
動脈硬化になる危険が高まります。

 

はやめに生活習慣を改善することが大切です。

 

 

以上、参考になれば幸いです。

 

もし何か他によくわからないことがありましたら、
お問い合わせ頂ければ3日以内にお答えいたします。

 

■「お問い合わせ」
こちら ⇒「info@diet-ange.com」or「質問フォーム
※ 3日以内に返信いたします。

 

それでは何かありましたら、
お気軽にご質問回答を頂ければ幸いです。

【山口歩】


ダイエット ブログランキングへ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!

内臓脂肪が溜まると…どうなる?」への2件のフィードバック

  1. airemi

    山口様、こんにちは、私のブログにお越しくださってありがとうございます
    山口様のダイエットの話は、とても理論的で、学会で発表されるような内容で
    読んでてとても面白いです
    レコーディングダイエットは、私は以前やったことがあるんですけど
    効果ありましたよ!

    返信
    1. angeayumu 投稿作成者

      あいれみ様
      こちらこそ、ありがとうございます。
      レコーディングダイエットされたんですね。
      あいれみさんの楽しみながらが本当に大切だと思います。
      つらい、苦しい、ではなく楽しんで取り組むことが重要ですよね。

      返信

airemi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>